50歳からのアクティブライフ♪ 脱!空の巣症候群

子供が巣立っても毎日楽しく暮らしていけるようなこと探しています

14回目の韓国 釜山旅行 2018年5月旅 その②~コストコとおしゃれスポットF1963~

1日目 続き

コストコ到着しました。機内持ち込み用のスーツケースを持って入ろうとしたら、カスタマーサービスで預けろと言われてしまいました。
出口から入りカウンターで預けます。ここの人は日本語話せました。引き換え券も何もなしです。カードだけは見せました。

初めての釜山のコストコです!


心なしか、日本の店舗より明るい気がします。
ただ、商品自体はそれほど日本と違わない気がします。


これは日本にはないかな?


韓国らしいコーナー
試食したらめっちゃ辛かった!


試食でめっちゃ気に入ったスイカジュース🍉フローズンタイプ
これ日本でもあるのかな?

とにかく、荷物を預けられないので液体は❌
車でないので重いものは❌
お腹いっぱいでフードコートも❌

ただ遊びに来たようなものです。



今回コストコへ来たのは、隣に2016年にできたF1963へ行くついでということもありました。
私の大好きな韓国のシャンパンマッコリこと福順都家ボクスンドガのマッコリが売っているということを知ったので。

ボクスンドガのHPboksoondoga japan

ボクスンドガ(福順都家)ソンマッコリは、

韓国の蔚山市蔚州郡のキム ジョンシク、パク ボクスン 夫婦によって昔から伝えられきた伝統的な醸造方法を守り、
その年に合鴨農法で生産された100%国内産の新米から造られる、家釀のようなマッコリです。
自然に発生する天然の炭酸が清涼感と味わいを高め、飲みやすさを与えてくれます。
また、栓を開ける時に容器を振らなくても、自然にマッコリが混ざるのが特徴です。

"ソン"とは韓国語で"手"と言う意味です。つまり、ソンマッコリは手作りマッコリと言う意味です。

2012年「ソウル核安全保障サミット」の乾杯用のお酒に選ばれて有名になったようです。
前々からネットで評判を見ていていつかは飲んでみたいと思っていました。
南浦に直営のお店ができて、ようやく昨年夏に飲むことができました。
暑い中ランチをと行ったのですが、何故かランチはできないとのことでマッコリだけをお店で飲ませてもらいました。
すきっ腹に飲んだので美味しさ5割増しでした。ただし、何も食べていなかったので、酔いが廻ってしばらくホテルで昼寝していました。

最近になってまたネットで情報収集していると、新しいお店が昨年オープンしたということを目にしてやってきました。
F1963という2016年にできた施設の中にあるようです。

1963年から2008年まで45年間、ワイヤーロープを製造した工場は2016年9月、釜山ビエンナーレ展示場に活用されたことをきっかけに、GREENとARTが共存し、人と文化が中心となる複合文化空間に生まれ変わりました。

www.f1963.org

お洒落な施設がまたできたんだ!

コストコをでて右に行ったらすぐお隣です。駐車場と看板が見えてきます。

あまり下調べをしていなかったので、どれが施設か一瞬わかりませんでしたが多分この坂道を登ったところだなと上がっていきます。


上がってすぐの建物にまず入ってみました。本屋さんのようです。

何故か日本の古い本もたくさん展示中です。




おしゃれな感じでWi-Fiもつながりました。ツタヤみたいです。ここの一角に福順導家がありました。

www.f1963.org

下調べをした情報によると水曜はレストランは休みでマッコリの販売だけするということでしたが、レストランもやっているようでした。ただはっきりとは覚えていませんが、ランチで38000ウォン?夕食は65000ウォン位って書いてた気がします。私たちが行った4時過ぎは休憩中のようで、飲むだけでもダメと言われたので購入してホテルで飲むことにしました。一本15000ウォンです。

もっとゆっくりしていたかったのですが(カフェにも行きたかった)飛行機が遅れて時間がおしているので、今回はこのままタクシーでセンタムシティへ。センタムシティもちょっとぶらぶらするはずでしたが、今回はホームプラスへ行って買い物をちょこっとして終わりです。タクシーはコストコの前に来たときは沢山止まっていましたが、帰るときは一台もいませんでした。仕方なく流しを待っていたら運転手のおじさんがすごい早口で何かを行っています。多分どこに行くのかと聞いていると思い「センタムシティ」というとにっこりと「乗れ!」って感じでした。混雑する方向には行きたくなかったのかな?タクシー代は4100ウォンでした。