50歳からのアクティブライフ♪ 脱!空の巣症候群

子供が巣立っても毎日楽しく暮らしていけるようなこと探しています

2日連続美術展~芸術の夏~

子供の試験に付き添い久留米市にやってきました。

 

最初はゆめタウンで時間をつぶそうと思ったのですが、そういえば久留米の石橋文化センターって行ったことないな~と思い近くだし寄ってみようと行ってみました。

 

 

そしたら、まあなんてきれいな庭!

きちんと手入れされていて絶好の散策コースです。

もともとはブリヂストン創業者の石橋正二郎さんが久留米市に寄贈したのが始まりだそうです。

 

しばしお庭を散策しました。

f:id:yurulife50:20180826174932j:image
f:id:yurulife50:20180826174925j:image
f:id:yurulife50:20180826174929j:image
f:id:yurulife50:20180826174918j:image
f:id:yurulife50:20180826174936j:image
f:id:yurulife50:20180826174921j:image

時期的にバラも菖蒲も終わっていましたが、少しだけ蓮が残っていました(先日奈良に行って以来蓮が気になる私)

 

f:id:yurulife50:20180826175007j:image
f:id:yurulife50:20180826175001j:image
f:id:yurulife50:20180826175010j:image
f:id:yurulife50:20180826175004j:image

 

楓も見事です。秋の紅葉もきれいだと思います。これなら京都に負けないかも?

f:id:yurulife50:20180826175013j:image

久留米市出身の坂本繁二郎のアトリエもありその日は公開されていませんでしたが、素敵そうです。

f:id:yurulife50:20180826175058j:image
f:id:yurulife50:20180826175104j:image
f:id:yurulife50:20180826175101j:image

ちょっと覗いて見た。うん、、オシャレだ。


f:id:yurulife50:20180826175108j:image

大きな銀杏の木


f:id:yurulife50:20180826175111j:image

この辺も京都っぽい

 

その日は、絵本の展示会と印象派の展示会をやっているので覗いてみました。



 

大丸のカードは持っているので割引きくかなと思って出したら共通券は割引がありませんということで1200円お支払いです。

 

ブラティスラヴァ世界絵本原画展 BIBで出会う絵本のいま

f:id:yurulife50:20180826175114j:image

名画が奏でる8つのフーガ  青木・セザンヌ・ルノワール
ブリヂストン美術館コレクション展

f:id:yurulife50:20180826175118j:image

どちらも内部撮影禁止で撮れませんでした。

 

世界絵本原画展のブラティスラヴァって何だろうと思ったら、スロヴァキアの首都の名前なんですね~(恥)チェコと別れたからね~

好きだった浦沢直樹さんの漫画「モンスター」でチェコの絵本作家がでてくるんですよね~あやつり人形とか。

 

日本の作家さんの作品はもちろんよかったですが、海外の作家さんの色使いとか日本人にはない感性だな~と思いながら楽しく見させていただきました。特に印象深かったのが、中国人の作家さんの絵本「火城 燃える町ー1938」という作品でした。

 

 『火城』(かじょう)の舞台、そこはアジア・太平洋戦争中の1938年、日本軍が迫る中国の町長沙。そこに住む一人の少女の目から見た町の混乱、そして町は大火により五日間燃え続け、古い町はすべて燃え尽きてしまった…。日本・中国・韓国の絵本作家12人の協力で実現した平和を訴える絵本シリーズ7作目。

 長沙という街、戦前はとてもきれいな街だったそうです。先日名古屋城が戦争で焼かれたことを知り残っていれば・・と残念な思いでしたが、日本だけではないんだと改めて戦争の愚かさを感じました。

 

ブリヂストン美術館コレクション展

今東京のブリヂストン美術館が閉館中なんですね。それで、ごっそり出張中というわけで・・

私はロートレックのサーカスの舞台裏という作品が一番好きでした。モノクロの作品ですが、あ~ロートレックだなという作品です。

f:id:yurulife50:20180826224952j:image

初めて一人暮らし始めた時に部屋はモノトーンで揃え(当時流行ってたでしょ・・)そこにロートレックのあの有名なムーランルージュのポスター飾っていました。

f:id:yurulife50:20180826225113j:image

今でも好きだわ〜

 

あとモネのベネチアを書いた黄昏という作品もよかった!

 

散歩と美術館であっという間に3時間経過

あと少しで試験も終わるし、ゆめタウンに行くほど時間もないなと思いそのまま隣の図書館で時間を潰してお迎えに行きました。

 

すでに14時 朝から何も食べていません。

子供に三択させました。

①昔よく行った懐かしの大砲ラーメン+デザート

②デザートの店でランチ+デザート

③梅の花のバイキング「ほたる」湯葉三昧

最初、①でデザートはいらないと言っていましたが、デザートは外せないと言うとじゃあ②でいいということになり・・

 

鳥栖のアンジェココへ行くことに。

たまたま先日職場でケーキ屋さんの話をしていたら、お嫁さんに佐賀のケーキをもらったという人がいて。阪急にも入っているというのでどこだろうとみんなで調べて・・あ~アンジェココ!となりました。ネットで見たらやたらかわいいお店。

正直

こんなかわいいお店が鳥栖に?って感じです。

editors-saga.jp

残念ながらここ撮影禁止だったので、詳しくはこちらをご覧ください。

 

私的には・・・

ハリーポッターやロードオブザリングを狭いとこをくちゅくちゅっとしたテーマパークみたいです(伝わるかしら?要は狭いとこにごちゃごちゃと可愛い建物があるということで)

 

なんとか車をとめて、とにかく食事ができるとこに行きました。

デザートはいらないと言ってたわりに子供もご飯+ケーキセットに

ネットで見て食べたかったランチは平日限定でした(涙)

f:id:yurulife50:20180826175633j:image

カルボナーラと焼きカレー

f:id:yurulife50:20180826175259j:image
f:id:yurulife50:20180826175306j:image
f:id:yurulife50:20180826175303j:image

ケーキセットです。

 

食事は思ったよりおいしかった(あんまり期待していなかった)

その分ケーキは私好みではなかった。(博多阪急のケーキでは断トツTheSUNが好きです。ここも佐賀だし・・)

 

ここではケーキの選択肢が少なかった。ケーキ売り場にはもっと私好みのがあったと思う。

でも最後にジェラートが気になり買って帰ることに。

シューを選んだら。皮だけでなく、なんとクリームまで入っていた、まんまシュークリーム。

f:id:yurulife50:20180826175324j:image

さすがにお腹いっぱいでギブアップ。夕食抜きです。

 

疲れた~

車の中の外気温計なんと43度になっていました。車壊れた?とまぢ思いました。

子供から

「お母さんずっーと送り迎えばっかりしてない?」と言われました。

わかっているなら感謝して~と思った夏でした。