50歳からのアクティブライフ♪ 脱!空の巣症候群

子供が巣立っても毎日楽しく暮らしていけるようなこと探しています

癌になるということ

私は元来丈夫なタチで、

ほぼ病気知らずです

母がとても身体が弱く

早死していますので、

私は(母の病気のうち)どれに罹るだろう

とは思っていますが

今のところそんな兆しもありません

 

堀ちえみさんのブログ

全文を拝見しました。

見ていてホントに辛くなる文章でした。

特にお子さんのくだりは・・・

 

こんなにあちこち病院に行って?

症状でたのが、去年の夏って・・

他人の私でも展開の速さについていけない

ご本人にとってはどれだけと

思わずにはいられません。

 

せめてもの救いは

高校生の息子さんの進路が決まっていて、

卒業式に出られたこと

入院の前日だったみたいですね

多分日程の調整をしたんでしょうね

(それにしても卒業式早くない?)

 

モーニングショーで特集してました。

口腔ガンって全ての癌の中で

1%ほどの珍しい癌なんだそうです。

術後も大変そうです

 

その中で病気に罹った人が参考になるのは

同じ患者のブログだと言っていました

特に珍しい癌の場合はとても有効だと

 

そういった意味でも有名な人が

公にするのは大きな意味があると思います。

口内炎が2週間以上治らないのは

癌を疑えという新しい知識を得ました

 

ちなみに堀ちえみさん

この人がオーディションに合格💮した時

生で番組見ていました。

他にもっと可愛い人はいたけれど(失礼!)

絶対にこの子が受かると確信しました

なんだか堂々としていたんです

オーラがあったというか

40年近く前なのに鮮明に覚えてる

 

 

病気だらけの友達がいます。

入院したと聞いても

「今度はどこ(の部位)?」って感じで

以前、彼女のお見舞いに行ったとき、

「隣のベッドの人🛌〇〇ちゃん(うちの子供)と同じ年の子供がいるよ。」

と言われました。

「子供さん受験が終わったその足で

お見舞いに来てたよ」と。

お隣さん癌だったらしいです。

受験の年に癌になるなんて、

しかも受験の日に入院中だなんて、

親子ともどんな気持ちで・・

 

それに比べてうちの子供は

どれだけ恵まれてるか

 

サークルの仲間

最近癌と診断され、落ち込んでいます。

「今の病院っていきなり本人に向かって

あー癌ですねとか言うっちゃけん!」

と文句タラタラ

みんなは笑いながら

「大したことないけんゆうっちゃろーもー」

(訳:大したことがないから言うんでしょ)

と口々に言いましたが

ステージ3ということなので

そんなに楽観できる状況でもないのかもしれません。

 

この歳になると友達の中でも

数人癌になった人がいます

子宮癌、卵巣癌、乳癌

婦人科系が多いですね。

亡くなった人もいますが、

ホントに癌だった?と思うほど

今元気いっぱいの子もいます

 

癌と聞くのもそれほど

珍しくはない時代になりました。

ただ、本人はどんなに初期であっても

《死》というワードは頭をよぎるはず

f:id:yurulife50:20190220213951j:image

 

今、私が死んだら子供はどう思うだろう。

もう家を出ているから生活はできる。

仕送りは父親がいれば何とかなるだろう。

相談事とかもされたことほぼなし。

どーでもいい内容はあるけど。

正直、いてもいなくても変わらないかも

 

あの子にとって私はどんな存在なんだろう。

聞いてるかどうかは怪しいけど

伝えたいことはまだまだたくさんある。

 

車の中はそんな話をする恰好の空間。

今度一緒に帰省から戻るとき、

ゆっくりそんな話をして帰ろうか

10時間以上密室で2人っきりだ!

子供の運転で絶叫してて、それどこじゃないかもね(>_<)