50歳からのアクティブライフ♪ 脱!空の巣症候群

子供が巣立っても毎日楽しく暮らしていけるようなこと探しています

帰ってきました

予定通り昼ごろ福岡に帰ってきました。

今回ほど家が恋しいと思った日はありません。

 

何故私の唯一無二の楽しみの旅が楽しめなかったのか私自身もよくわからず戸惑っています。

 

子供は家に帰るなり、高校の部活に顔を出しに行きました。どの顔下げて後輩に会いに行くんだろと思うものの楽しみにしていたみたいなので何言わず見送りました。

 

二十歳過ぎて親との旅行に文句も言わず(言える立場でもないし、お金は全て親が出してるんだけど)ついてきたことには感謝しています。

 

ただ、親とこうして旅していても

「ちょっと出かけてくる」とひとりホテルを抜け出したりすることもなく・・「少しは散歩にでも出かけろよー」と思いつつ、親がホテルでのんびりしてたら、一緒になって読書したり、スマホをいじったりして過ごす。

 

それがストレスに感じる一因でもあったように思います。

もう少し自分の目で足で世界を感じて欲しい。待ち時間もスマホばかりせず、ぼっーとしながらも人間ウォッチングして色んなことを感覚で感じて欲しい。

 

今回ホテルの手続きなど出来る限り子供にさせました。英語で捲し立てられて、ポカンとして私が助け舟だしたり、分かったふりしてその場を後にしたので「何だった?」と聞くと実はほとんどわかってかなったり・・

そこもちょっとストレスを感じたひとつです。

4ヶ月カナダで何してたんだろうと思うこともしばしば。それでもこうして1人で臆せずフロントに行ったり出来るだけいいと思わないといけないのかなあ。

 

帰ってきて撮り溜めていたビデオを見ました。

マツコの知らない世界に宇多田ヒカルさんが出てて、「子供が巣立った後に何も残らない親になるのはイヤ」みたいな話をしていて・・

それこそ、私の考えと同じなんだけど・・

今の私は全て子供のことで振り回されぱなし。

心に重りが乗っかったような、胸がギューと締め付けらるような感じの毎日で。

 

そうじゃない。

私自身の楽しみ、生きがい・・それを見つける為にこの2年近く頑張ってきたつもりだけど、全て元に戻っちゃったかな。

 

こんなことなら数十万も使わず、日本でじっとしていればよかったと思うけれど、先月の半ばまではとてもお正月を日本で過ごせる精神状況ではないと思ったから。

 

それなりに旅行も楽しかったんです。

ゆっくりと旅行記アップしていきます。