50歳からのアクティブライフ♪ 脱!空の巣症候群

子供が巣立っても毎日楽しく暮らしていけるようなこと探しています

ひふみんと一茂さんと

朝テレビを見てたらやっぱり今日は藤井聡太くんの話題で持ちきりでしたね。

 

昨日、藤井くんのインタビューを見ていて

「望外の結果でどーのこーの」と言ったのを聞き

あー18歳でこの言葉使うんだ〜と思ってました。そしたら私以外にもそこに食いついたのが長嶋一茂さん。

「俺54年間生きてきて初めてこの言葉聞きました」って、いやまたそれもどうかと思うけど(笑)

そしたら呼ばれたゲストの人が

「彼は14歳のときから使ってました」と。

 

話し言葉ではたとえ知っていても難しい熟語や変な英語は使わないようにしてます。

耳からだとどうしても意味が伝わりにくいので、仕事中は特に気を付けています。

 

でも時々無意識に口から出てしまうようで、キョトンとされることがあります。

今日も友達と話してて(その友達の采配が素晴らしかったので)

「まるでアサイナーみたいだね」って褒めたら「何?」って

 

昔の職場の男の子から(と言っても当時でOver30)

「変わった靴履いてますね」と言われ、

「そうなんよー〇〇ちゃんに、くのいちみたいって言われちゃったー」と返事すると

その人ポカーンとしてました。まあいい大人なんだから、くノ一くらいは知ってて欲しかったけど。

 

簡単な言葉で高度なことを言える人が一番賢い人だそうで、そうなりたいもんですが中々これが難しいですね。

 

大学のパンフレットとかあちこちで「サステナブルな社会がどーのこーの」というフレーズを最近よく目にします。「サステナブルがどれだけ市民権得とんじゃ!流石にまだ無理でしょ」とひとりで突っ込むこともしばしば。

 

私も人のこと言えないのに、人には突っ込む。

自分が知ってる単語はみんな知ってると思い込む悪い癖は直りません。ホント気をつけよう。

小池さんとかも同じなのかなーー?

 

で、今回の快挙でひふみんのコメントがとても素敵でした。

今後AI研究が如何に隆盛を誇ろうとも藤井聡太二冠には人間ゆえに見いだすことのできる芸術的な一手の探求を通して盤上で感動を紡いでいただければと願う。平安の世から指し継がれた将棋文化の奥深く豊かな魅力を令和の世を生きる数多の方々へ末永く伝えていただけることは一棋士として非常に悦ばしい

人間の可能性は限りないと思います。

AIなんかに負けてたまるかっ!って私も思います。

 

結局色んな企業もAIがお答えしますって最近増えてきたけど、核心はやっぱりつけない。

聞きたいのはそこじゃないよ。

人間の口から説明してもらうのがやはり一番です。

 

私もクレームの電話受けて、お客様から

「納得はしてないけれど、説明はよくわかった」と言ってもらえたことがあります。

ヨッシャー勝った!と思いましたね。

 

ちなみに昨日見たネット情報では完璧に見える藤井聡太さんですが、案外忘れものなどが多くて抜けてるところも多いそうです。

ちょっと安心です。